新燃岳を考える日

新燃岳が本格的な噴火を起こしてから約8年経ちました。
去年再び噴火しましたが、現在は火山活動が低下したとして、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)からレベル1(活火山であることに留意)へ引き下げられている状況です。
 
高原町では噴火後の平成25年から毎年1月26日を「新燃岳を考える日」とし、小中学校での避難訓練などを行っています。今年も例年通り行われた訓練。去年特に降灰の影響を受けた狭野地区にある狭野小学校での訓練の様子をお伝えします。
 

f:id:freelifetakaharu:20190213131735j:plain f:id:freelifetakaharu:20190213131801j:plain

「すみやかに避難して下さい」体育館への避難を促す放送が流れ、児童はヘルメットを被り
各自体育館へ移動します。
 

f:id:freelifetakaharu:20190213131938j:plain f:id:freelifetakaharu:20190213131958j:plain

体育館で整列・確認。ここで状況に応じての指示があります。
今回は迎えに来た保護者の車へ順に乗せ帰宅…という流れでした。
 

f:id:freelifetakaharu:20190213132106j:plain

職員同士で連携しながら、手際よく車を誘導して児童を乗せていきます。

 

◎町内の学校にて「新燃給食」も出されます。地元の野菜や噴火で影響を受けた食材を使用し、地産地消の意味を込めて用意されたメニューです。

f:id:freelifetakaharu:20190213132343j:plain f:id:freelifetakaharu:20190213132611j:plain

狭野小学校での給食風景(一年生クラス)献立は麦ごはん・すき焼き煮・もやしのマリネ。

 

◎噴火当時の子供達や住民の体験・生の声をまとめた記録集「新燃岳の噴火 百人の記録集」が、町内全学校で行われる防災授業の教材として毎年活用されています。

f:id:freelifetakaharu:20190213132855j:plain f:id:freelifetakaharu:20190213133001j:plain

小学生の作文から町民の声、噴火の記録などが冊子にまとめられています。
灰の掃除の様子から、助け合いや協力することの大切さ、援助物資や人への感謝、“それでも山が大すきです”という小学生の素直な作文が載っていたり…。読むだけでも様々な事に気付かされます。
 
 
◎そして今年は新燃岳を考える日のシンポジウムとして
霧島山を読み解くー次の噴火に備えてー】と題し講演会も開催されました。

f:id:freelifetakaharu:20190213133416j:plain f:id:freelifetakaharu:20190213133508j:plain

狭野小体育館にて、噴火の研究者である鹿児島大学井村准教授による講演が行われました。
「むやみに恐れるのではなく、適切な行動を取っていれば命を取られることはありません」
噴火についての専門的な話から具体的な避難時の注意点など…来場者に向けて真剣に語られました。
 
 
 
噴火当初、ドドドド…という激しい地鳴りと共に、山頂が赤く輝く様子が見えたそうです。それを身をもって体験した住民の方々は、大変な恐怖を感じたのではないでしょうか。
しかし降灰も落ち着き、日々の生活に馴染むうちに過去の記憶は薄れていってしまいます。それを危惧し、年に一度は噴火について真剣に考えよう、家族で話し合いましょうということで設けられた「新燃岳を考える日」
それは町民にとっても大切な時間です。
 
“身の危険を感じたら、警報などを待たずに即避難すること。情報に頼らずに、自分の目で見て察することが大事です”と井村教授は伝えられました。
これまでの噴火も乗り越え暮らし続けてきた高原町民。その山々が日頃もたらしてくれている恩恵は計り知れません。自然に恵まれたこの土地で暮らす以上、その自然と上手に付き合っていきながら、日々豊かに暮らしていきたいものですね。
 
新燃岳の噴火について、広報たかはるH30.12月号でも特集しています。
 

f:id:freelifetakaharu:20190213134258j:plain

 
 
 

広原小学校

f:id:freelifetakaharu:20190204114158j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190204114230j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190204114340j:plain

広原地区にある高原町広原小学校。
学校の教育目標は「かしこく 心豊かで たくましく生きる児童の育成
地域との交流や連携に力を入れ、外に開かれた学校づくりをめざしています。
 
 
■校内の様子

f:id:freelifetakaharu:20190204114716j:plain  f:id:freelifetakaharu:20190204115227j:plain



■教室の様子

f:id:freelifetakaharu:20190204115337j:plain  f:id:freelifetakaharu:20190204115402j:plain

 

 

■理科室/音楽室

f:id:freelifetakaharu:20190204115452j:plain  f:id:freelifetakaharu:20190204115525j:plain

 

 

■図書室

f:id:freelifetakaharu:20190204115643j:plain  f:id:freelifetakaharu:20190204115617j:plain

 

 

学校の教育活動として、子ども達が米作りをしています。

f:id:freelifetakaharu:20190204115759j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190204115850j:plain

収穫した「ひろっこ米」を販売しに、児童たちが役場へ来てくれました。
そしてあっという間に完売お見事です!

f:id:freelifetakaharu:20190204132606j:plain  f:id:freelifetakaharu:20190204132636j:plain

 

 

広原小学校では、今年から「広っ子育成協議会」をスタートさせました。
コミュニティスクールを念頭においた、学校と地域が一緒になって子ども達を育てていこうという取組です。地域と連携して行事をやっていきましょうと色んな意見を出してもらいながら、保護者や地域の方々にも学校運営に参加してもらっています。
 
校長先生にお話を伺いました。
 
『子ども達に地域の方々といろんな経験をさせたいです。
身近な大人(親や先生)はある程度、子どもを評価する立場ですよね。
それ以外の大人(地域の方々)と純粋に触れ合うというのが、豊かな心やコミュニケーション力を育てることに、とても有効だといわれています。昔ながらの伝統的な行事(六月灯・おねっこたっこ )も大切にしています。
広原校区は地域の方がすごく元気なので、少人数の学校ならではの良さを生かした教育に取り組んでいきたいと考えています』
 
その他学校の詳細についてはこちらをご覧ください。
 
 

f:id:freelifetakaharu:20190201153815j:plain

高原町広原小学校
所在地:〒889-4411 宮崎県西諸県郡高原町大字広原1472番地
TEL (0984)42-1085 

 

後川内小学校

f:id:freelifetakaharu:20190201163154j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190201163216j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190201163248j:plain

後川内地区にある高原町立後川内小学校。教育目標は
学力の向上をめざし ふるさとを愛する 
      心身ともに健康でたくましい児童の育成
自然豊かな環境の中に広い校庭があり、すぐ横には後川内中学校・後川内保育所も隣接されています。
 
■校内の様子

f:id:freelifetakaharu:20190201164111j:plain f:id:freelifetakaharu:20190201164135j:plain

 

■教室の様子

f:id:freelifetakaharu:20190201164218j:plain f:id:freelifetakaharu:20190201164244j:plain

より良い授業環境を…と机の配置なども工夫されています。その他《誕生給食の日》というのがあり
月に一度、誕生日の児童と先生達で一緒に給食をいただくそうです。
 
■理科室/パソコン室

f:id:freelifetakaharu:20190201164329j:plain f:id:freelifetakaharu:20190201164355j:plain

 

■図書室

f:id:freelifetakaharu:20190201164715j:plain f:id:freelifetakaharu:20190201164746j:plain

町内の小学校にある図書室は、定期的に司書さんが管理されています。
手作りの飾りや掲示板など…あたたかみのある工夫が凝らされています。
 
■その他活動など…

f:id:freelifetakaharu:20190201164910j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190201165303j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190201165401j:plain

運動会は小・中学校合同で5月に行われています。
新一年生が誓いの言葉を述べるそうです。入学して早々の大仕事ですね…!
 
教頭先生から、学校の様子についてお話いただきました。
 
『 後川内地区の皆さんは学校行事などに協力的で素晴らしいと思います。
この前の奉仕活動では150人位が集まって下さって…地域の絆は本当に強いです。
朝のあいさつ運動も80代の方が“子供に会うのが楽しみだから”といって一生懸命してくださいます。子供の雰囲気も良く、正直にいろんなことを言ってくれますよ。悪いことをしたりしても隠し事がない感じです()
 
その他…学校の詳細についてはこちらをご覧ください。

高原町立後川内小学校ホームページ

 

f:id:freelifetakaharu:20190201153815j:plain

 高原町立 後川内小学校
所在地:〒889-4413 宮崎県西諸県郡高原町大字後川内2666番地 
TEL:0984-42-1081
 
 
 

 

狭野小学校

f:id:freelifetakaharu:20190201151447j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190201151506j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190201151541j:plain

高原町狭野地区にある高原町立狭野小学校。
校庭から霧島連山の景色がのびやかに望める場所にあります。
学校目標は「自ら学ぶ 心豊かで たくましい子どもの育成」です。
 
■校内の様子
f:id:freelifetakaharu:20190201151709j:plain f:id:freelifetakaharu:20190201151843j:plain
 
■教室の様子

f:id:freelifetakaharu:20190201152331j:plain f:id:freelifetakaharu:20190201152354j:plain

 

■理科室/パソコン室

f:id:freelifetakaharu:20190201152445j:plain f:id:freelifetakaharu:20190201152527j:plain

 

■図書室

f:id:freelifetakaharu:20190201152620j:plain f:id:freelifetakaharu:20190201152649j:plain

年末の冬休みに取材へ行くと、「福本」が全児童分それぞれに用意されていました。
冬休みが明けて福本を手にした子ども達の笑顔が浮かんできます。
 

f:id:freelifetakaharu:20190201152914j:plain f:id:freelifetakaharu:20190201152934j:plain

味のある書、棚のペットボトルにはメダカ!児童が各自で育てているそうです。

 

■その他活動など

f:id:freelifetakaharu:20190201153125j:plain f:id:freelifetakaharu:20190201153142j:plain

神楽などの伝統行事も大切にしています。棒踊りを保存会の方々に教わり、運動会や
日本発祥地まつりでも発表しています。
 
教頭先生から、学校の様子についてお話いただきました。
 
『現在学級は複式で編成されていますが、国語や算数などの授業は学年ごとに進めています。授業の中のひとつにクラブ活動がありますが、456年生合同で何でもしています。内容も、自分達で話し合って決めていますね。
人数が少ないおかげか、子ども達は皆年齢に関わらず仲がよく、お昼休みも自然と全校児童で遊んでいます。関わり方が皆兄弟みたいな感じで、おだやかですよ。
上の子たちが下の子のお世話もするし、面倒見のいい子も多いですね。
 
給食の時に《今日は○○さんの誕生日です…》と放送が流れるのですが、
各教室から「オメデトーゴザイマス!!」と声が響いてくるのです。
その後に誕生日の子が「アリガトウゴザイマス!」と各教室をお辞儀してあいさつに回る…というのも恒例になっていますね()
 
 
その他…学校の詳細についてはこちらをご覧ください。

高原町立狭野小学校ホームページ

 

 

f:id:freelifetakaharu:20190201153815j:plain

高原町立 狭野小学校
所在地: 〒889-4414 宮崎県高原町大字蒲牟田5543番地1
TEL:(0984)42-1036
 
 

 

山内商店(霞神社・みやげもの店)

f:id:freelifetakaharu:20190128141932j:plain

霞神社へ上がる参道の脇には、昔ながらのみやげもの店があります。
“おつかれさま~”
“お茶はいらんね~、おいしいよ~”
寒空の下、通りがかる参拝客に掛けられるやわらかい声。
昔から変わらないであろうお店の佇まいや雰囲気、店員さんの朗らかな笑顔に
その場にいるだけで心がなごんできます。

f:id:freelifetakaharu:20190128142103j:plain

“お茶をどうぞ~” ささっと温かい梅茶などを差し出して下さいます。
テキパキと無駄のない動きはさすがです…!
 

f:id:freelifetakaharu:20190128142223j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190128142317j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190128142351j:plain

創業60年、お店のご主人のご両親の代から続いているという歴史ある店内には、
ところ狭しと沢山の商品が。定番の「霞せんべい」や、奥様お手製の甘酒や梅干も人気。
わたがし、かわいい…!
 

f:id:freelifetakaharu:20190128142453j:plain f:id:freelifetakaharu:20190128142648j:plain

こちらがご主人の通さん。なんと野鳥を手なずけてしまい、その様子がTVでも放送されました。
8年間!親子2・3代にわたりお店に通い続けていたというヤマガラ(シジュウカラの仲間)ですが
この前の台風の後からパッタリ来なくなったそう…。またいつか会えるといいですね~!
 

f:id:freelifetakaharu:20190128142755j:plain f:id:freelifetakaharu:20190128142816j:plain

店内に漂う、甘く香ばしい薫り…秘伝のタレで焼き上げる串だんごやイカ焼きが人気です。

 

f:id:freelifetakaharu:20190128143034j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190128143100j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190128143126j:plain

店内の奥ではゆっくりお食事もできます。うどん・そば、カレーライス等…。
今回はご主人お手製の手打ちそば「山かけそば」と「串だんご」を注文しました。
やさしい味の美味しいおそばと、サイズ感の絶妙な串だんご。是非ご賞味あれ!
 

f:id:freelifetakaharu:20190128143239j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190128143318j:plain

通さんと、奥様のスミ子さん。いいなぁ~この表情!
 
小鳥があそびに来るみやげ物屋さんと聞いて伺いましたが、今のところ台風以降、強風に飛ばされてしまったのか…来ていないようです。何でもご主人が動物好きで、店先にいた小鳥にふと豆をあげると、毎日のように店先へ現れ、いつの間にか店内まで入ってくるようになり…。お客さんの手からも豆を食べる程になついていたのだそう。
その時の映像を見ると、小鳥に豆をあげる大人達の表情がぱっと明るくなって、すごくいい雰囲気。何気ないことかもしれませんが、こんな風景が生まれるお店っていいなぁ~と素直に思うのです。
 
そしてそれ以上に、お店の方がごく自然体でステキ。その温かな人柄に、誰しもがそれまでの心の緊張やもつれなんて簡単にほどけてしまう…そんな気がします。
“お店には笑顔がないとね”と、ほほ笑む奥さん。
帰り際に“また遊びにくるね~”と言ってしまうような、懐かしい雰囲気のお店なのでした。
 

f:id:freelifetakaharu:20190128144215j:plain


 




 
 
 
 

 

高原小学校

f:id:freelifetakaharu:20190124141137j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190124141200j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190124141302j:plain

町の中心部にある高原町立 高原小学校。
町内の小学校の中では、児童数の最も多い学校です。
学校目標は「元気で なかよく 進んで学ぶ高原っ子の育成
「朝の校門前あいさつ運動」を毎日実施しており
朝から元気な声が校門に響き渡ります。
 
■校内の様子

f:id:freelifetakaharu:20190124141456j:plain f:id:freelifetakaharu:20190124141524j:plain

■教室の様子

f:id:freelifetakaharu:20190124141725j:plain f:id:freelifetakaharu:20190124141949j:plain

■理科室/音楽室

f:id:freelifetakaharu:20190124143148j:plain f:id:freelifetakaharu:20190124143223j:plain

■壁いっぱいに飾られた卒業生の手彫り作品や、町内の商店を探検してつくられた展示作品。

f:id:freelifetakaharu:20190124143445j:plain f:id:freelifetakaharu:20190124143511j:plain

 

「あの樹にやってくるんですよ」
ふと上を見上げると、階段からの窓越しに見える大きなセンダンの木。ここ数年、夏頃にフクロウの仲間であるアオバズクがやってきて、巣を作り雛を孵しているそうです。まるで子ども達の守り神のようですね。

f:id:freelifetakaharu:20190124144216j:plain f:id:freelifetakaharu:20190124144305j:plain

 

図書室の様子。
町内の小学校にある図書室は、定期的に司書さんが管理されています。
入口横には、先生達のオススメ本が紹介されていました。 

f:id:freelifetakaharu:20190124145006j:plain f:id:freelifetakaharu:20190124144952j:plain

 

校庭の奥にある二つの石碑にまつわる「旌孝(せいこう)の碑物語」という絵本が出版されています。病気の家族を献身的に看護しながら、村の発展に努力したある夫婦の立派な行いが、学校を通して後世に語り継がれていきます。

f:id:freelifetakaharu:20190124145143j:plain f:id:freelifetakaharu:20190124145206j:plain

 

毎年310日に行われる創立記念式では、この碑の物語を元に
子ども達による劇も披露されています。

f:id:freelifetakaharu:20190124145433j:plain f:id:freelifetakaharu:20190124145509j:plain

 

その他…学校の詳細についてはこちらをご覧ください。

高原町立高原小学校ホームページ

 

f:id:freelifetakaharu:20190124145906j:plain

高原町立 高原小学校
所在地:〒889-4412 宮崎県西諸県郡高原町西麓340
 

 

 
 

 

神武の家

f:id:freelifetakaharu:20190123094755j:plain

高原町並木地区にある児童養護施設「石井記念 神武の家」
社会福祉法人 石井記念友愛社の施設として3年前に建てられました。
「天は父なり 人は同胞なれば互いに相信じ 相愛すべきこと」
という児童福祉の父・石井十次の残した言葉を基本理念に運営されています。
 
実はご近所にある施設なのですが、これまで身近に無い存在だったので気になっていました。そんな中、たまたま歯科の待合室でご一緒した青年が施設職員の方で「施設の事を地域の方々に知ってほしい、今度もちつき会をやるので良かったら遊びに来てください」とにこやかにお話しいただき…早速後日神武の家へ伺ったのでした。

f:id:freelifetakaharu:20190123094934j:plain

f:id:freelifetakaharu:20190123095033j:plain f:id:freelifetakaharu:20190123095110j:plain

当日は雨により室内で行われたもちつき会。外の寒雨とは対照的に、部屋は熱気で大賑わい!
ボランティア団体の方々も駆けつけ、楽しい年末イベントとなりました。
 
当日は皆さんとても気さくに迎えて下さり、子ども達もワイワイ楽しそう!
「そ、がんばれ~!」「ちょっと柔いかも~!」
「ねったぼ(芋もち)にすればいっか~!」など、会話も杵も弾みます。
たくましく餅つきする男の子や、初対面の私にニコニコ話しかけてくれる女の子、
小さい子に「おいで」というと、ずーっと抱っこされています。
皆それぞれが個性的で、とてもかわいい子ども達でした。
 
その後改めて、主任の方に施設の事についてのお話を伺いました。
さっぱりとした雰囲気の、明るく元気な女性の丸目さん。
「忙しいとはいえ、私には休みがあるのでいいんです…」と話し始めます。
 
丸目さん:子ども達はここしかないから、ここから出ていけないんですよね。
私達は子どもと気持ちがぶつかっても、クールダウンして自分の部屋へ帰ったり建物からも出ていけるけど、子ども達は何があってもこの建物にしか居場所がないんです。
よく「覚悟を持って仕事をしろ」って園長から言われていました。
子供たちは何があってもここにしか帰れないという覚悟を持ってきているんだ、よく考えんといかん。職員が頑張っているんじゃない、子ども達が頑張っているんだ。それを支えるのがここの仕事だと。
 
―やっぱり計り知れないところがあるなって…。簡単に同情の気持ちを持つのも違うんだろうし。ただ、こういう環境で生きているっていうだけですもんね。
 
丸目さん:そう、よく可哀想って言われるんですけど、可哀想じゃないんです。
制限がある中でも、子ども達は精一杯楽しく生きているので…
本当に元気で明るい子達ですよ。
 

f:id:freelifetakaharu:20190123095509j:plain

 

―普段の子ども達の様子はどんな感じですか?
 
丸目さん:一般家庭と変わらないですよ。朝起きてこなくて「ごはんどうすんのー!!」って言いながらバタバタと学校へ行きますしね(笑)
一般的な施設って時間厳守なとこもあるんですが、うちはそういうの取っ払って「ごはんとお風呂どっちが先~?」みたいな。より家庭的な雰囲気があるのかなと思います。
「みんなで揃って食事」ていうのも基本はあるのですが、ここの園長は「普通さ、お父さん遅かったりとかするよね?」「朝も高校生が早いし、お母さんと二人で食べたりもするよね」って。何で皆で食べんといかんと?絶対ではないよね、何でそこにはめ込むの?って言う人だったので。
 

f:id:freelifetakaharu:20190123095611j:plain

つい最近急逝されたという園長先生。現在は主任の丸目さんが責任者ですが
今後、後任の園長先生が来られる予定だそうです。
 
―そうですよね、施設ってある意味そういうものだと思うんです。けれど園長先生のおっしゃることは、リアルな家庭のあり方であって…。
 
丸目さん:そうなんです、だから最初はNOルールで始まりました。
ある程度の日課はあるんですけど、それ以外のことは子ども達と一緒に考えながらやってきている感じです。
 
ー 一緒に考えながらって、いいですね。
最初お会いした職員さんが「地域の方々に知ってほしい」と話していましたが…
 
丸目さん:やっぱり施設とはいえ、ここの地域でずっとやっていくというのがあるので。子ども達はそれぞれ家庭の事情があって施設で暮らしているだけなんですが、結構こういう施設って“悪い子が入る”みたいなイメージを持ってしまう人もいるんです。
なので開設前は地域の理解を得るのに時間が掛かることもありましたが、実際に来てみたら、近所の人達も「すごくいい子達だね~」って言って下さって。
部活にも入らせてもらっているし、何とかやってるかなぁ…という感じはありますね。
 
― 私自身にはそういうイメージはありませんでしたが、そういった誤解は少しずつ解いていけたらいいですね。それぞれの家庭の事情があるのはみんな一緒だし、むしろがんばって生きているんだから。
 
丸目さん:そうですね。ただ高原町は運よく幼稚園なんかでも受け入れが良くて、学校関係にも同業者がいたりと、周囲に理解のある人に恵まれていて助かっています。近所にも温かく接して下さる方達がいるので、本当にありがたいですね。

f:id:freelifetakaharu:20190123100022j:plain

収穫感謝祭 当日の様子。収穫したものを子ども達も一緒に調理して皆さんに振る舞ったそうです。

 
まだまだこれからなんですが、
年に一度は地域の人を施設へ招くことを試みています。
3年目になる今年は、小さな畑をしていることもあり収穫感謝祭をしました。
施設自体の規模も小さいので、少人数しかお招きできない状態ですが…。
少しずつ、地域に受け入れてもらえるように努力していきたいと思っています。
そして施設の子達はみんな、他の子達と同じように…毎日楽しく頑張って暮らしているんだということを、地域の皆さんにも知ってもらいたいなと思っています。
 

f:id:freelifetakaharu:20190123100254j:plain

―丸目さん、ありがとうございました。
 
ここで暮らす子達は、ごくふつうの元気な子ども達です。
毎朝起きて、学校へ行き、勉強し、遊んで、ごはんを食べて…
皆にそれぞれの人生があるように、特別でも何でもなく
ただここの場所で育ったというだけのこと。
職員の方々の懸命な姿勢や、優しいまなざし、子ども達の表情を見ていると、
むしろここでの経験は、それから先の人生で大きな糧となるんだろうな~
と感じます。一生懸命に生きる子ども達、職員の方々、そしてこの神武の家を拠点に、これからも明るい笑顔いっぱいの豊かな日々が巡りますように…!

f:id:freelifetakaharu:20190123100349j:plain